スポンサーサイト

2013.05.04 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

うまくひけたアイライン

2012.07.23 Monday

普段から、あまりメイクはしない派の私。

肌を何かで密閉するような感覚に、いまだに慣れません。

大学生になる前に
ちょっとした美容院で眉を整えてもらってから
毎日眉だけ自分でかいてきました。

でも、ちょっと前に
就活用の写真をスタジオで撮ってもらった際
ポイントメイク術なるものをいろいろ教えてもらい
そこで、アイラインに目覚めたのです(`・ω・´)笑

一重にアイラインなんて無駄無駄!って思っていたのですが
案外変わるもんなんですよね。

それから、勝負時!って日にだけ
アイラインもひくようになりました。

そして
目じりのはね具合にも慣れてきたある日、笑
左右対称、とっても上手にひけた日があったのです!

私は嬉しくて
デートの最中に、さりげなく彼に
「今日アイラインうまくひけてると思わない?^^」って聞いてみたのです。

すると彼は…

「え?あ〜全然気づかなかった!
まぁ気づかないってことは、それだけ自然に上手にひけてるってことなんじゃない?^^」

彼にしては、最高の褒め言葉です!笑

変えた髪型に気づいてくれないのはNGだけど
こーゆう気づかない場合は
なんだか嬉しくなっちゃった、単純な私でした。笑

日常 | 02:29 | trackbacks(0) | comments(4)

別々の日常

2012.07.14 Saturday

私たちが出会ったのは、確か
高校1年の夏くらい。

クラスは違ったけど
仲良くなってからは、ずっと一緒だった。

だから
お互いの日常は何でも知っていたし
教科書とかジャージを、借りにいったこともあった。

3年になって
教室が同じ階になってからは
廊下に出ると1番に、彼の教室の方をみる癖がついていた。

そうやってずっと、一緒だったけど
高校を卒業したら
彼は専門学校、私は大学へと進んで
別々の日常になった。

どんな環境にいるのか
まわりには、どんな人たちがいるのか
その中で彼は、どんな顔して笑うのか
私にはわからない、彼の新しい「日常」ができた。

話で聞く、彼と同じクラスの女の子に嫉妬したり。

彼の学校に潜入してみたくなったり。笑

たちが悪いことに
そんな状況に、4年目の今も慣れることができなくて。

彼は、こんな雨の中でも明日からお仕事で
私の知らない環境へ、がんばりにいく。

彼が会社で抱える悩みも
その場を知らない私は、アドバイスなんかできやしない。

聞くだけじゃ、彼の支えにはなれない気がして
解決策を出してあげようとしたけど
逆に彼をいらつかせてしまうこともあった。


別々の生活をしてると
彼のことをつかめないときが、たまにある。

だからこそ
月1のデートで想いを確かめ合ったり
普段から思いやることが、すっごく大切なんだなぁって
わかってきた今日この頃です(*´`*)

日常 | 03:31 | trackbacks(0) | comments(7)

ほっぺをたたく

2012.06.26 Tuesday

昨日の、ハッピーなブログとは一変
今日はちょっと暗めの悩みごと。

彼は、冗談交じりに
よく私のほっぺをたたきます。

お前が恥ずかしいことをゆうからだ、とか
スキンシップの一環だ、とか
兄貴とはケンカすれば、ひざ蹴りも普通だった、とか
私には信じられない答えが返ってきます。

楽しくおしゃべりしていて
私がはめをはずした発言をすると、すぐたたかれる。

私もいけないのかもしれないけど
どんな理由でも、女の子をたたく男がいるなんて
思ってもいませんでした。

なんでたたくの?と聞いても
〜だからって、必ず言い訳が返ってきます。

私は、冗談としては受け取れない。

たたかれたら、それまでがいくら楽しくても
一瞬で冷めてしまいます。

そんな私を見て
彼も不機嫌になり、ケンカになるのです。


おふざけ半分でも、彼女をたたく人を
許せますか?

日常 | 23:07 | trackbacks(0) | comments(4)

横浜バースデーデート♪

2012.06.26 Tuesday

こんばんは!

昨日、6月24日は
私の22歳の誕生日ということで
彼と横浜デートにいってきました(*^^*)♪

デートコースは…

・カップヌードルミュージアム
・赤レンガ
・元町中華街
・山下公園
・港の見える丘公園
・横浜駅まで水上バス!
・楽一というお店でディナー

と、横浜の観光地をぎゅっと詰め込んだ1日でした☆笑

多少の遅刻を多めにみてもらいつつ、笑
最初に向かったのは
念願のカップヌードルミュージアム!



ここでの目玉は、なんといっても
このマイカップヌードル作り!



時間が足りなくて、プランがダメになるからと
当初はこの体験を渋っていた彼でしたが
懇願した甲斐あって、最終的には2人ともこの作成時間が
この日で1番楽しい時間だったという結果に。笑

次に向かったのは、赤レンガ倉庫。

赤レンガは、前に何度か行ったことがあるので
内心、「何するんだよ〜おなか減ったよ〜」と思っていたのですが、笑
なんと、私が失くしたペアリングを
新しく買ってくれたのです(;_;)

始め、サイズを測るために
「どちらの指にされますか?右左で意味が変わってくるのですが…」と
私たちの関係を偵察していた様子の店員さんも
帰り際には、彼のことを「彼氏さん」と呼んだり
「この後も、横浜デート楽しんでください^^」ってゆってくれたり
嬉しいこと続き。

初めて彼に、指輪をもらったときから数年経ってますが
あれからたくさんの出来事があって
見える景色も確実に変わりましたが
その反面
確かで、変わらないものが戻ってきて、感激しました(*^^*)

そのあとは、中華街でお昼ごはん!


定番の豚まんで、腹ごしらえしたあと、笑


状元樓(じょうげんろう)という上海料理のお店で
私は五目あんかけラーメンと


彼は、豚の角煮ラーメンをいただきました☆

中華街〜♪とは気軽にゆっていましたが
実際、中華って何?から始まり
手頃なラーメンに行きついたのですが…
中華ですよね?笑

とにもかくにも
私のラーメンには、大好きなえびもきくらげも入っていて
彼のとろとろ角煮も1個もらって、大満足でした(*^^*)

それからは、とても雰囲気のある山下公園を
ぶらぶらお散歩。

ちなみに、日本で初めてガス灯が作られたのが
この横浜の馬車道なんだとか!
(大好き・コナン映画からの豆知識でした。笑)

そのまま私たちは、港の見える丘公園へ。

さすがは、「丘公園」というだけあって
想像以上の階段数でしたが、^^;
2人でばてながらも、上っていくと
そこには、横浜港を一望できる絶景が!

あいにく、曇りがちだったのと
カメラの残量がわずかだったため
こんなわかりづらい写真1枚しか撮ってなかったのですが、笑
風も気持ちよくて、とてもおすすめな場所でした♪

それからは、足がピンチだったので水上バスに。笑

屋外席を陣取り、風に吹かれながら横浜駅へ移動。

彼が予約してくれていた、「楽一」というお店に行きました!

横並び席の、個室空間で私好みの雰囲気(*^^*)

こじんまりした所でしたが、お料理とってもおいしかった〜!

前菜サラダと


ピリ辛鶏のからあげと


メインの、ピリ辛チーズフォンデュ♪
かりかりフランスパンとの相性抜群でした!


合鴨のソーセージと続き


最後は、そばめしオムライス(*´∀`*)

…かと思いきや!

彼がそわそわ、外を気にし出したので
もしやとは思っていましたが…

やっぱりー!!笑

サプライズケーキのご登場(*´∀`*)♪♪笑

まぁ、うちらの誕生日ディナーでは
もうお決まりだよね。笑

でもでも、ケーキのろうそくを消したのは
もう何年ぶりか、わからないくらい前だったので
予想以上に感動しました!

一瞬で「ふっ」てゆう消し方がいまいちわからなくて
ちょっとだけよだれも飛んじゃったのは、秘密です。笑

うっかり、料理モードのまま撮ってもらったので
ぼやけちゃってますが、ご愛嬌。笑

とーっても、楽しい1日でした♪

1か月くらい前に、真剣な別れ話があっただけに
絆を確かめ合う、意味の深い思い出になりました。

今まで私のことを信じて
デートの日も一生懸命、エスコートしてくれた彼に感謝。


山下公園の噴水の前で
休憩も兼ねて、ちょっとした石の造りものに座ろうとしたとき
新しい服だからと、私が躊躇していたら
じゃあハンカチ敷きなよ、と
自分のそれを差し出してくれた彼が、1番かっこよかったな(u_u*)


これからも、よろしくねっ(*^^*)

デート&お泊り | 03:04 | trackbacks(0) | comments(2)

四つ葉のクローバー

2012.06.13 Wednesday

私の家の玄関にある植木鉢から
無数の、三つ葉のクローバーが生えていて
私はふっと
「なんで四つ葉って生えるのかな?」と
母親に聞いた。

すると母親は、こう答えた。

「遺伝子の問題じゃない?」


セクシャルマイノリティーの人たちのことを
"ふつう"とは違う
遺伝子がおかしいんだ、なんてゆう人たちがいるけど
セクシャルマイノリティーの人たちはみんな
"ふつう"とは違うからこそ
四つ葉のクローバーみたいに、輝いていて
人から好かれるんだと思う。

数多くの三つ葉に埋もれている私たちより
たったひとりでも、四つ葉として生きている人は
かっこいい。

普段は
セクマイの人たちも、"ふつう"の仲間入りができればいいなって願っているけど
医学的に、生物学的に、本当に遺伝子が原因なのであれば
四つ葉のクローバーだって
セクシャルマイノリティーの人だって
存在する意味は、同じだって信じたい。

三つ葉の中に、ひとつだけ、四つ葉を見つけたら
誰だってハッピーな気持ちになる。

私も、彼にカミングアウトをされたとき
それに近い気持ちだった。

出会えたことが嬉しくて
大切にしたいと、心から思った。


四つ葉のクローバーは、"幸運"の象徴。

自分の道を一生懸命に進み
模索しながらも、幸せを手に入れていく彼らもまた
きっと、"幸運"の象徴。

日常 | 02:00 | trackbacks(0) | comments(4)
<<2/39>>